投稿

2015の投稿を表示しています

CoreOSとVMware vSphereでDocker環境を構築する

お疲れ様です。照屋です。
CoreOSがvSphere 5.5及びvCloud Airにてサポートされるようになるとアナウンスがありました。
http://blogs.vmware.com/vsphere/2015/03/coreos-now-supported-vmware-vsphere-5-5-vmware-vcloud-air.html
VMware Compatibility Guideにも既に記載がありますね。CoreOS 557とESXi5.5以降の組み合わせになるようです。

概要 vSphere環境があれば、すぐにでもCoreOSを始めることができます。
今回はOVAファイルをダウンロードして、vSphere Web Clientから
既存のvSphere環境に対してCoreOSを展開します。
その上で実際にWordPress + MySQLを動かすところまでを説明します。
ネットワーク要件 インターネットより各種ファイルやコンテナファイルを取得するため、
インターネット接続が必要になります。
それに伴いDNSによる名前解決ができる必要があります。
CoreOSを接続する先の仮想スイッチでDHCPによるIPアドレス割り当てが行えるか確認してください。
DHCPが利用できない場合はCoreOSの「Network Configuration with networkd(英語)」を参照して構成してください。
https://coreos.com/docs/cluster-management/setup/network-config-with-networkd/

CoreOS環境の構築 OVAファイルの取得 まずはOVAファイルのダウンロードから始めましょう。
CoreOS Release Notesに行って、「Browse Images」をクリックします。
https://coreos.com/releases/
ファイル「coreos_production_vmware_ova.ova」を見つけてダウンロードします。
次はvSphere Web ClientでダウンロードしたOVAファイルをクラスタに展開します。
この手順は一般的なOVAファイルの展開手順と同じですので、ご存知の方は次のステップに進んでください。
OVAファイルの展開 CoreOSの仮想マ…

NVGRE ゲートウェイを直接ルーティングする場合の接続文字列

お疲れ様です。照屋です。

System Center 2012 R2 Virutal Machine ManagerでNVGRE Gatewayを構成する時の小ネタです。

NVGREのゲートウェイはVM ネットワークを論理ネットワークに接続を担当します。VMネットワークはNVGREでカプセル化されたネットワークのことです。対して論理ネットワークはカプセル化されていないネットワークであり、所謂物理ネットワークと呼ばれるものです。つまりゲートウェイを使うことでNVGREの世界とそれ以外の世界をIP接続することができます。

ゲートウェイには下記の接続方法があります。
VPNNAT直接ルーティング 今回は「直接ルーティング」のみを説明します。直接ルーティング(Direct Routing)は上記の他の方法と比較すると、次のようなメリットがあります。
NVGREのアドレス系に変更を加える必要がない物理側にカプセル化の必要がない ただしデメリットもあります。
アドレスを変更しないため、単一のゲートウェイで保持するアドレス帯に重複があってはいけない NVGREを利用することで単一のVM Network内でサブネットを分離できます。NATであれば一つのゲートウェイに複数のVMネットワークを接続できますが、直接ルーティングにする場合は同じゲートウェイ内で一つのVMネットワークしか持てないようです。

上記を踏まえて、Windows Server 2012 R2をゲートウェイとして登録する際の接続文字列は以下のようになります。ネットワークサービスに登録するゲートウェイの接続文字列に「DirectRoutingMode=true」が記載されていることを確認します。

接続文字列
VMHost=<Hyper-V HostName>;GatewayVM=<Gateway VM Name>;DirectRoutingMode=true NAT接続ができているのであれば、接続文字列の変更後、VMネットワークのプロパティ>接続でネットワークアドレス変換(NAT)から直接ルーティングに変更すれば疎通が取れるようになります。